【チームアタックディフェンスの実施について】
皆さん、こんにちは。

ここ釜石は先週の台風の後、朝晩めっきりと冷え込むようになり、練習開始時には厚手のウインドブレーカーが欠かせなくなってきていますが、サポーターの方々はいかがお過ごしでしょうか?

さて、昨日10月15日(木)の練習で、2チームに分かれてゲーム形式のアタックディフェンス(以下、AD)が20分×2セットで行われましたの報告します。

チーム編成は、馬渕組と菅野組に別れ、それぞれのポジション毎に均等にメンバーが振り分けられ、熱いゲーム形式の練習が行われました。

ゲーマ前には、池村章宏HCより今回のADの狙いについての説明があり、
@チームの底上げを図ること。
Aこれまでゲームに出てきたメンバーのプレーの正確さ
Aメンバーから外れている選手のアピールの場
となっています。

結果はトライ数3本対2本で、馬渕組が勝利しています。

勝利をつかむため、更なるプレーの精度向上に余念がないシーウェイブス、ぜひ次戦も熱い応援をよろしくお願いします。

コーチングアドミニストレーター  金野 尚史
戻る