【釜石セブンズMVP報告について】
 皆さん、こんにちは。

ここ北国釜石に春を告げるイベントとして、回を重ねる毎に市民やサポーターにも定着しつつある釜石セブンズがこのたび開催されました。

あいにくの悪天候でしたが、シーウェイブスAが見事に2連覇を果たし、幸先のいい2009シーズンのスタートを切ることができました。

その中でMVPに菅野朋幸選手が選出されましたので、その喜びの声を聞いて見たいと思います。


――大雨でグラウンドコンディションが大変悪い中だったんだけど、際立ったスピードでトライを量産して優勝に大いに貢献したよね!――

菅野:とにかく走りまくってトライを取って、チームが勝つことを第一に考えてプレーしました。
そんな中、チームのみんながいい状況でボールを渡してくれたので、みんなに感謝したいですね。









――今まで見せなかった“ハンドオフ”もあったり、タックルを受けながら前に進んだして人への強さも見せつけてたけど、やっぱりウェイトトレーニングの成果が表れてるんじゃないの?――

菅野:(体は)見た目には今までとあまり変わっていませんが、自分としては少しずつウエイトの成果を感じることができているのかなぁと思います。
ただ、まだまだ体を大きく強くしていかなければいけないので、これからの練習でさらに追い込んでいきたいですね。




――今回のセブンズの結果を引っさげて、4月29日は関東代表として出場するけど、意気込みをお願いします!――

菅野:釜石シーウェイブス、そして関東代表としての自覚を持って、チームの勝利に少しでも貢献できるように全力を尽くして頑張ります。
三ッ沢球技場に応援に来るサポーターの方がいましたら、柿本さんやマブさん(馬渕)共々、応援をよろしくお願いします。



スピードにプラスして、人への強さも備わった我らがトライ王子の活躍にご期待ください。


コーチングアドミニストレーター 金野尚史
写真:事務局 赤崎剛、木村奈々
戻る