メッセージを書く

ページ移動ボタン: [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]
12/27 東京都杉並区 故郷は宮古様より
お疲れ様でした。1月の予定表からSWの名前が消えました。涙です。GM不在でシーズンイン。ハラハラドキドキの連続も中電戦でスカッと。しかし終戦。素人目にも戦力立て直し、鍛練の見直し、資金集め等等課題山積です。負けるな釜石、突っ込め釜石。そんでも、グダグダ言わねえで、来年も頑張っぴす。応援すっから。

12/26 東京都 釜石系U世様より
大事な試合で気持ちとパフォーマンスが一致できるようなメンタルが強くなれば期待に応えてくれるチームになってくれると思う。ファン感謝会では、まだプレーできると思うベテランの契約が危うく、ハーフ団等の補強がありそうな印象。今日の勝利はきっと来季に繋がるはず、頑張れ!釜石シーウェイブス!

12/26 東京都 釜石系U世様より
三浦体制になってBKがこれほど躍動した試合があっただろうか。分析成果もあり、もちろんFWの頑張りもあったからだが、主力欠場の中チーム一体となった攻守は見事だった。相手の低いスクラムも見事(去年のキャノンBチームに似た印象)、スクラムはまだ進化する余地がありそうだ。

12/26 東京・大田区 前へ!様より
今シーズンお疲れ様でした。
試合前のウォーミングアップから、違いました。
感謝祭の時のみなさんの表情とコメント。多くを語らずとも、無念な思いの決定的な試合について伝わってきました。
しかし、これも現実です。来シーズンへ向けて、秘めた思いを胸にスタートしましょう!!たたかいは、すでに始まっていますよ!

12/26 秋田県秋田市 昔っからの大ファン様より
序盤から気持ちが入った攻撃と守備。選手みんなの頑張りが感じられる試合!来季に繋がる良い試合!選手交代後の守備の連係やキックの精度はきっと修正できるはず。久しぶりに本当に楽しかった!本当にお疲れ様です。(鉄人さんも本当にありがとう!)来季こそ、行ぐべ、トップリーグ!がんばれ、釜石シーウェイブス!

12/26 東京都文京区 藤色様より
コテンパンにやられた重工戦。下を向いてバラバラなチーム。佐藤選手が「負けてんだ。だから声出さなきゃだろ。将!俺らで盛り上げていこう」と一人声を出してくれてた。強くなっていくチームは、どんな状況でも誰かから「集まろう!」と声が上がり、その気持ちが広がっていくもの。そんな戦うチームになってもらいたいな。

12/25 大分 かめ様より
今シーズン最後の試合!選手の皆さん思いっきりラグビーを!!
九州から熊谷まで応援行くよ(⌒▽⌒)

12/23 東京都 アンチ釜石様より
負けると応援しない釜石シーウェイブスファン。
負けると書き込みしない釜石シーウェイブスファン
こんな時こそ応援しなきゃ駄目なんじゃないの。
元々強くもないチームを応援しているふりだったのかな。
こんなサポーターならチームも選手も可愛そうだ。
まず、九電より点獲ろうや
何てね、無理だけと

12/21 東京都 世田谷区民様より
九電の勝利で、次の中電戦が今シーズン最後となります。是非、来シーズンに繋がる試合にして欲しいと思います。今、東芝の広瀬選手の本を読んでいます。本文の書き出しが「勝つチームには大義がある」でした。選手の皆さんにも釜石にとっての大義は何か、是非考えて欲しいと思いながら読み進めています。

12/19 東京都 釜石系U世様より
北風強い八幡山、スクラムは劣勢、ラックサイド、順目から内に切り返され突破される。終盤ライン際から内に切り返しトライ連取。点の取り方を思い出したかの攻撃はよかった。明大はこぼれ球を拾ったFL聡太郎君がステップを切りトライ!Bチームが強くなければ全体が強くならない。頑張れSW!

12/19 東京都 北千住の鉄人様より
一度は行って見たかった八幡山。試合は明治の猛攻と言うより釜石のタックルの甘さが際立。後半はリズム感とスピードが良くなった。次代を担う若手には良い経験。聡太郎君のく切れの良いステップ。頑張れ釜石。カーマイシ。

12/18 千葉県松戸市 松戸の哲人様より
先ほど、明治大学ラグビー部のHPを見たところ、
明日の釜石SWのBチームとの練習試合のメンバーの発表があり、
最高顧問の高橋善幸氏の子息の高橋聡太郎君(3年生)が
リザーブに入っていました。
たぶん後半から出てくるかと思います。
明治の監督かヘッドコーチの粋な計らいでしょう!
楽しみです!

12/18 千葉県松戸市 松戸の哲人様より
明日19日(土)の明治大学のBチームとの練習試合の応援に行く
予定です。
出来ましたら釜石SWのBチームのメンバーの発表をお願いしたいと
思います。

12/15 千葉県 あけぼのん様より
いいがら、次がんばっぺし!

ぐちゃぐちゃ言っても、終わったものは変わらね。

12/15 藤沢市 甲子川育ち様より
最後の3戦は昨年と全く同じ内容。ディフェンスの強化は完璧に打ち砕かれた。サポーターは「組織だっての試合になっていない」が多い。全勝対決の三菱戦ので大観衆には何を見せたかったのか。中電戦は消化試合ではない。グランドで希望を持たせる事だと思う。シンビンによる少なさは理由にならない。昨年は毎試合シンビン。

12/14 神奈川県 中妻3丁目様より
大勢のサポーターの失望の深さが伝わってきます。選手の皆さんの方が落胆の度合いは大きいと思います。まだもう1試合。最善を尽くしましょう。釜石で生まれた者にはここでのプレーを選んでくれたことが嬉しいのです。負けに不思議の負け無しです。必ずや将来への糧になると信じています。勝っても負けてもシーウェイヴス!

12/14 港区 応援してます様より
序盤からレフリング厳しく感じました。主審は元同志社大ラグビー、九電の選手にすくなくとも主審の後輩が3人。首脳陣さま、選手が実力を発揮出来るように宜しくお願いします。

12/14 東京 京橋様より
長丁場を如何にして乗り切るか、選手層の薄さ、育成力の弱さ、長年の懸案事項が一向に解消されず、上位チームとの差は開いた感じがします。
失敗から何を学ぶか、チームのトップ自ら猛省して欲しいものです。

12/14 東京・大田区 前へ様より
開始早々、手ごたえがあっただけに、「一発退場」は痛い!
でも最後まで、頑張りました。その姿勢に拍手!
顔をあげて、次なるたたかいへ。前へ、SW!

12/13 東京都 釜石系U世様より
悲しい試合でしたが選手はよく奮闘してくれました。SWの試合に消化試合はありません。次節はよりひたむきに全員でボールをつないでほしい。どんなに悔しい敗戦も明日の糧にしなくてはいけない。明大戦も貴重な実践の場。練習の成果、若手の成長した姿を見たい。いつでも応援してます、頑張れSW!

12/13 盛岡市 はやぶさ様より
残念な結果になりました、残りの試合に全力を出し切ってほしいです。ただ、今のチームの実力をもう一度見つめなおして、次に向かってほしいです。トップリーグ&各、下部リーグのレベルはかなり上がっています。

12/13 秋田県秋田市 昔っからの大ファン様より
残念。勝ち抜けはかなり厳しい…。でももう1試合。前に突き進んで行く釜石の勇姿を見せてください。マイケル、次の試合、がんばろう!選手みんなで次の試合もがんばろう! 福岡まで応援に行ったみなさん、ありがとうございます。鉄人さんの動画配信からみなさんの熱意が伝わってきました。がんばれ、シーウェイブス!

12/13 藤沢市 甲子川育ち様より
危惧が現実に。FWの力比べだけでは上に行けない。最後の3戦は力不足。どこも攻撃もディフェンスでもスピード感が上で、多彩な戦術を駆使された。縦突破は見え見え。スピードのある若手の台頭が望まれる。中電戦では若手の起用を。若手が今後のSW成長の肥になるのだから。金庫の中に宝はあるのかを確認するためにも。

12/13 東京 釜石様より
去年より早くシーズンが終わるとは…来期はトップイーストダントツで入れ替え戦に挑んでください!

12/13 新宿区 下落合三丁目様より
ここで終わる訳には行かないのです!ラグビー人生をかけて釜石を選んでくれた選手皆さんのためにも、必ず勝ってほしい!!。福岡へ応援に行かれる同志の皆様、我らの釜石シーウェイブスに熱い声援をお願いします。

12/12 茨城 はっちゃん様より
新しい輝く歴史を作れ、頑張れ!

12/12 八王子市 F-8番様より
V7戦士の高橋さんいわく「何がなんでも勝たねばならない戦いがある!」明日こそ、その時です。日のささないレベスタのバックスタンドで旗振りに行きます。行こう!トップリーグへ!!

12/11 東京 京橋様より
エディーJAPの猛練習が話題だけど、V7時代の釜石もそれに匹敵するものであったと聞く。
目先の勝敗に一喜一憂せず、V7戦士の和田氏、千田氏、坂下氏あたりに長期スパンで強化して欲しい。

12/11 東京都渋谷区 やまだたろう様より
九電さんには昨年、何度アタックしてもゲインラインを突破できず、ペナルティ。最後には走り負けるという内容でした。統率のとれた素晴らしいチームでした。
この1年の進化が見たいです。絶対に勝たなければいけません。
頑張ってください。応援に行きます。

12/10 千葉県 あけぼのん様より
勝つのみ!です。

つまらない試合でも構いません。
1点でも多くとって、なんとか勝利をつかんでください。
福岡へはいけませんが、PCの前で応援しています!!!

ページ移動ボタン: [0] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]